ドイツ語留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

ドイツ語留学
ドイツ語留学
職業的な専門性や、有用性を求めるよりも、純粋にドイツが好きという嗜好によって学ぶ人が多いのがドイツ語の特徴です。そうした点が国際語として広がりを見せる英語や中国語、スペイン語、ポルトガル語等と違う点ですが、地方性の強い言語の中では高い人気を誇っているのもドイツ語で、そこには日本とドイツの文化的な結びつきの深さも関わっているようです。

ドイツ語留学のプラン一覧

  • No.136-0134-P 詳細を見る

    コレギウム・ムジクム・バーゼル指揮者シモン・ゴーデンツの指揮レッスン

    「微妙なニュアンスまで、正確な動作ではっきりと伝える」「クリアで明解な指揮だ」とヨーロッパの批評家たちに賞賛され、注目を集めている指揮者がシモン・ゴーデンツだ。2004年に正規指揮者の代役として振ったオーケストラ「コレギウム・ムジクム・バーゼル」に才能を認められ、即座に首席指揮者の座を約束。現在彼は、約50年の歴史を持つ、ドイツではまだ新進といえるこのオーケストラの、2代目首席指揮者として活躍している。スイスのヴィンタートゥール交響楽団や、ドイツのニュールンベルク交響楽団などにも客演指揮者として招かれ、その名をますます知られるようになっている。■その他の費用と期間:2週間378,000円 3週間514,000円 4週間595,000円 8週間1,085,,000円 12週間1,575,000円

    • 50万以下
  • No.136-0117-P 詳細を見る

    ドレスデンフィルハーモニー管弦楽団副首席ロバート・クリスチャン・シュスターのバスーンレッスン

    ドイツ名門オケ、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団副首席奏者が、伝統的ジャーマンスタイルを、キミに伝える。これまでに、コリン・デイヴィスやベルナルト・ハイティンク、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスといった第一線の指揮者たちと共演し、現在はドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の副首席奏者として活躍している。数年前から彼は、これまで学んできた伝統的なドイツ流のバスーン奏法を、プライベートで教えてくれている。生徒のレベルと個性に合わせ、自然な演奏を妨げる肉体的、精神的な問題点を取り除いていくのが、彼のレッスンの特徴だ。

    • 50万以下
  • No.136-0116-P 詳細を見る

    シュトゥットガルト放送交響楽団首席ソリスト・ハンノ・デンネヴェグのファゴットレッスン

    世界のトップクラスを知る、シュトゥットガルト放送交響楽団のソロ・ファゴット奏者が教える、一流のテクニックと感性。今世紀最高のオーボエと称されるハインツ・ホリガー、ベルリンフィル首席を務めたクラリネット奏者ザビーネマイヤーなどのそうそうたるメンバーとアンサンブルを組んだ経歴は、彼自身が、まぎれもなくトップの一員であることを証明している。彼のレッスンは、なによりも自分の音を聞くことを重視する。次に、曲の大きな流れを理解し、その上で生徒独自のイントネーションと音色を作り出していく。取り上げる曲はバロック、古典派、そして近現代曲が中心。

    • 50万以下
  • No.136-0115-P 詳細を見る

    フランツリスト音楽大学フランク・フォルスト教授のファゴットレッスン

    一流オケと共演するソロ・ファゴット奏者であり、ワイマール・フランツリスト音楽大学で教えるフランク教授が、やる気ある若者を求めている。元ベルリン交響楽団ソロファゴット奏者であり現在ワイマール国立フランツリスト音楽大学教授である彼が、プロアマを問わず、向上心あふれる若者に、一流のファゴットを教えてくれる。教え方は決して一律ではなく、生徒ひとりひとりに合わせてポイントを絞った指導が特長だ。中級以上になれば、教授がこれまでに体得した門外不出の表現法まで教わることができる。これまでに、わずか3年のレッスンの中から2名のプロ楽団員を輩出している。

    • 50万以下
  • No.136-0110-P 詳細を見る

    コンサートギタリスト トマス・ツァヴィエルハのクラシックギターレッスン

    東京国際ギターコンクール優勝者など数々のコンクールで賞を取り、ヨーロッパを中心に世界的に活動するCDアーティストが、ノウハウの全てを教えてくれる。音楽学校のギター学部長を務める彼のレッスンの特徴は、アーティストとして彼が持っているもの全てを、惜しみなく与えてくれる。評判の高い教則本「パンピングナイロン」のメソッドを用いた基礎練習や、ルネサンス期から現代までの様々な演奏スタイルはもちろん、個人練習のコツや、音楽全般を話題としたディスカッションなど、レッスン内容は幅広い。「生徒の中に、ギターと音楽に対する情熱さえあれば、僕は何でもするつもりだ」と彼は言う。

    • 50万以下
  • No.136-0108-P 詳細を見る

    コンサートギタリスト ヘイコ・オジックのクラシックギターレッスン

    クラシック・ギターといえばヨーロッパ室内楽、スペンインアンダルシアの調べが憧れの的。2つの正統を確かな技術と表現力で奏でるのが、ヘイコ・オジックだ。ソリストとしてハンブルグ交響楽団、シカゴ室内合唱団との共演をはじめティム・アダムスなどの指揮者との共演など、その活躍の場をヨーロッパ全域に拡げている。さらに、マリオ・カステルヌーヴォ・テデスコ・ロマンチックギター楽団のソリストを務め、アンダルシアの調べを情感豊かに表現するその技術に注目を集める彼は、母校など様々な音楽大学で後進の指導を行っている。本物のクラシック・ギターを身につけたいという人にぜひおすすめだ。

    • 50万以下
  • No.136-0107-P 詳細を見る

    元バイエルン放送響首席ヴェルナー・トーマス=ミフネのチェロレッスン

    「堅苦しい決まりは生徒を駄目にする。生徒それぞれの身体的、精神的な特徴に合わせて楽器を「楽に」弾けるように手助けする、それが教師の役割」とヴェルナーは言う。世界各地で演奏活動と後進の指導、ミヒャエル・エンデと子供向け音楽CDを制作するなど多方面にわたって活躍。チェロや室内楽用に数多くの編曲をし、編曲者として知られている。元バイエルン放送交響楽団首席チェロ奏者。ドイツレコード批評機関の賞を2回、Fono Forum誌の「今月のCD」賞など多数受賞。チェロ教本「より自然なチェロ奏法」(音楽の友社2001年)が日本でも出版。最近では指揮者としての活躍している。

    • 50万以下
  • No.136-0104-P 詳細を見る

    デュッセルドルフ交響楽団ミハエル・フロック先生のチェロレッスン

    ミハエル・フロックは、世界でも有名なオペラ劇場のひとつ、ラインドイツオペラのオーケストラとしてよく知られているデュッセルドルフ交響楽団のチェロ奏者だ。ベルリン・フィル・アカデミーのメンバーとなり、現代の代表的な指揮者たちのもとで、ベルリンフィルのメンバーとともに研鑽。特に、当時首席ソロ奏者であったイェルク・バウマンとゲオルク・ファウストからは、ベルリンフィル的なチェロの神髄を学んでいる。ミハエルのレッスンの主眼は、伝統的なヨーロッパ文化に根ざした音がどんなものかを生徒に見せ、時代ごとに違った独自のスタイルを発見する、手がかりを与えることにある。

    • 50万以下
  • No.136-0103-P 詳細を見る

    ハノーファー北ドイツ放送フィルのオリバー・マスカレナスのチェロレッスン

    ヨーロッパの5つのオケで活躍する売れっ子プレーヤーが、聴衆はもちろん、審査員の心まで揺さぶるコツを教えてくれる。世界的な名チェリストであるマリア・クリーゲルをはじめ、4人の優れた教授たちに学び、ドイツ流、フランス流、ロシア流それぞれの奏法を全てマスターしている。現在はNDRハノーヴァー北ドイツ放送フィルや各地の一流オケでプレーしている。オリバーのレッスンは、音大受験、プロの楽団員オーディションなど。音大レベルに行っているが、そこから先で伸び悩んでいる生徒に、聴く人の心を揺さぶる音楽のエッセンスを教えてくれる。室内楽のためのプライベートレッスンもあり。■その他の期間と費用:2週間354,000円 3週間472,000円 4週間539,000円 8週間952,000円 12週間1,366,000円

    • 50万以下
  • No.136-0118-P 詳細を見る

    ケルン放送管弦楽団首席水間博明のファゴットレッスン

    西ドイツの名門オケで首席を務める日本人ファゴット奏者から、ヨーロッパの一流を、日本語でキメ細かく教わろう。ブレーマーハフェン市立歌劇場管弦楽団首席ファゴット奏者を経て、名門オケとして名高いケルン放送管弦楽団の首席ファゴット奏者となる。近年、指揮や作曲にまで活動範囲を広げると同時に、後進の指導に一層の力を注いでいる。レッスンは、基本を固めることから始める。音の出し方、口の形、腹筋の使い方などをチェックし、ビブラートやスタッカートなどの技術練習に進む。これが終わると、楽曲の解釈や表現といった、より音楽的な、深い勉強に入っていく。

    • 50万以下
  • No.136-0021-P 詳細を見る

    ドイツ国立カールスルーエ音楽大学カルメン・ピアッツィーニ教授のピアノレッスン

    アルゲリッチを生んだ南米の名教師スカラムッツアから、クラシックの伝統と情熱を受け継いだカールスルーエ音楽大学教授のレッスン。これまでにバイエルン放送交響楽団など一流オーケストラと共演し、テレビなどでも活躍。収録したCDは50枚以上。古典派から現代曲までこなし、ピアソラ作品を収録したCDや、アルゼンチンの作曲家の作品のCDなども評価が高い。ドイツのカールスルーエ音楽大学で教える彼女のレッスンは、スカラムッツァの指導メソッドと、ドイツ正統派を代表するケンプや、ライグラフの指導法が基礎になっている。コースの最後に教授の許可が出ればソロコンサートが開催される。

    • 50万以下
  • No.136-0022-P 詳細を見る

    コンサートピアニスト・クリサンティー・エマヌイリドゥのピアノレッスン

    「音楽に年齢制限はない」と断言するクリサンティー・エマヌイリドゥは、4歳以下から60歳以上まで幅広い年齢層の生徒たちを持つ。「ひとりひとり違った人間だからこそ、それぞれの個性と経験にあったレッスン方法が必要」と言う。「時代を問わず、いい音楽を創るのはテクニックではない。私たちの心、もしくは体内から引き出されたもの」と彼女は語る。日本にもしばらく滞在していた経験があり日本にも興味をいだいている。先生に時間があるときは生徒と一緒に食事にでかけたり外出したり本当に愛情たっぷり。もし先生に困っていればクリサンティーに会いに行ってみてはどうだろうか。

    • 50万以下
  • No.136-0024-P 詳細を見る

    ドイツ国立ケルン音楽大学オリバー・ドレクセル先生のピアノレッスン

    ケルン音楽大学で教鞭をとるオリバー・ドレクセルは、ソロやラジオ出演、CDもリリースするドイツ一流ピアニストだ。ドイツロマン派作曲家ヨハン・クリスティアン・ハインリヒ・リンクなど珍しい作品をCDとして発表し、世界にあまり知られていない作曲家を探求していく。現代作曲家ユルク・バウアー研究では第一人者であり、3冊の研究書を出版。全作品集をCDリリースし、ドイツ・ライン地域の文化貢献を讃える「ライン地方文化賞」を受賞。レッスンはシンプル、かつ体系的に行う。演奏動作、技術トレーニング、楽曲解釈などに重点を置いて、音大レベル以上向けの役立つレッスンをしてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0025-P 詳細を見る

    ドイツ国立ケルン音楽大学アルボ・ヴァルドマ教授のピアノレッスン

    アルボ・ヴァルドマ教授は数多くのコンサートやレコーディングで活躍し、ネーメ・ヤルヴィ等名指揮者と共演したベテランピアニスト。東欧の3つの音楽大学教授を歴任後、現在ドイツ国立ケルン音楽大学で教鞭をとっている。担当したマスタークラスは120を超え、ジュネーブ国際音楽コンクール、エリザベート王妃国際ピアノコンクールなど数多くの生徒が入賞している。ヴァルドマ教授のレッスンは、理論と感性の両面を重視する。楽典もテクニックも解釈も、どれもおろそかにしない。音大試験準備や、プロ演奏家実力アップ、ピアノ教師の指導力アップなど、様々な目的に応じた指導をしてもらえる。

    • 50万以下
  • No.136-0026-P 詳細を見る

    コンサートピアニスト・イエンス・ベルニエック先生のピアノレッスン

    ソロ、オーケストラとの共演はもちろん、幅広い伴奏も行えるピアニストがイエンス・ベルニエックだ。彼の現代音楽への理解は、パール・ヒンデミット作曲、サラ・レオナルドのソプラノによってニューヨークMODEレーベルのCD、「Das Marienleben」に収録される。ピアノの指導では、「聴く」ということに重点を置く。他人の演奏を聴き、感想を述べあうことで、音楽の構成要素を理解し、フレーズ表現を鮮明にしていく事ができると考えている。古典から現代まであらゆる音楽に対する深い造詣を身につけるベルニエックのピアノレッスンは、視野を大きく広げてくれるだろう。

    • 50万以下
  • No.136-0027-P 詳細を見る

    コンサートピアニスト・アンナ・スクリレーワ先生のピアノレッスン

    独奏はもちろん、アンサンブルや伴奏、オーケストラとの共演のコツまで、ピアニストに必要な全てを学ぶレッスン。彼女のピアノは、リヒテルやギレリスなど名指導者であり演奏家でもあったゲンリフ・ネイガウスの流れをくむ。指導の特長は、生徒の技術的、性格的な個性を重視し、ピアノ独奏曲のみにこだわらないことだ。室内楽曲や歌曲まで幅広く取り上げ、「歌い手とどうやって合わせるか、オケを相手にどう弾くか、そういった勉強を通して、自分の将来を見極めてほしい」と彼女は言う。ソロだけを弾いてやっていけるプロは稀だ。彼女のレッスンには、プロになるための幅広い配慮がある。

    • 50万以下
  • No.136-0028-P 詳細を見る

    シュトゥットガルト音楽大学ヨッヘン・フェルベル先生のピアノレッスン

    ヨッヘン・フェルベルは、世界一流の指導者たちから、音楽と演奏技術を余すところなく吸収したピアニストだ。ソリストとして、室内楽アンサンブルのメンバーとして伴奏者として、ピアノの魅力を十分に引き出し聴衆を沸かせてきた。これまでに、カラブリア国際ピアノ・コンクールやスメタナ・ピアノ・コンクールなど国内外のコンクールに入賞している。レスナーとして15年の経験があり、コンクール入賞者も育てた彼は、シュトゥットガルト音楽大学講師として指導に取り組んでいる。レッスンでは、様々な音色を生む腕の動きを中心に、効率的な練習法や暗譜のコツなども教えてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0029-P 詳細を見る

    シュトゥットガルト音大アンドレ・ベルナルド・マルシャン教授のピアノレッスン

    スタインウェイ・アーティスト、マルシャン教授は、これまでに世界各地で活躍してきたが、なかでも日本での活動は際立っている。東京交響楽団や新日本フィルなどの著名オケと共演し、客員教授として多くの日本人生徒の指導にもあたった。アメリカ・ウィスコンシン大学教授を経てドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学教授として教鞭をとっている彼の教え子には日本人も多い。マルシャン教授の指導は、ショパンのエチュードとショパンの書き残した文献を基本にしている。奏法の特徴は、アルフレッド・コルトーに代表されるフランス流。ベルカントとレガート、柔らかなノンレガートを重視する。

    • 50万以下
  • No.136-0031-P 詳細を見る

    シュトゥットガルト音楽大学ショシャナ・ルディアコフ教授のピアノレッスン

    ショシャナ・ルディアコフは、一流レーベル・アウディーテやタチェット、ノンサッチなどから15枚近くもの CDをリリースする第一線の演奏家だ。世界各地で演奏しロンドン交響楽団など世界トップクラスの楽団や、ヴァイオリンのアイザック・スターン、ピアノのジーナ・バッカウアー、指揮のズービン・メータなど一流音楽家たちと共演している。ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学教授であり、アメリカ・マンチェスター音楽祭アカデミー専任講師でもある彼女のレッスンは、ロシア流メソッドが基本だ。その上に、これまでの指導経験から彼女自身が得てきた、独自のノウハウをプラスして教える。

    • 50万以下
  • No.136-0033-P 詳細を見る

    デトモルト音楽大学ハイジ・エルゼザー先生のピアノレッスン

    個性を生かし、本来の力を引き出す自分仕様のレッスン内容が魅力のハイジのピアノレッスン。フランスでCD発表、マケドニア交響楽団との共演、ヨーロッパ各地で公演と、自身の音楽活動を積極的に行う。一方で、マケドニアのスコピエ音楽大学講師、デトモルト音楽大学講師としてピアノ教育にも情熱を注いでいる。曲に込められた作曲者のイメージとそれを表現する技術を生徒が見つけ出すことで本当の演奏力がついてくると考える指導法は、学生が持つ個性に着目し、学生が本来の力を伸ばしていく手助けをするという点に特徴がある。枠にはめることを嫌い、レッスン内容も生徒と一緒になって考える。

    • 50万以下

45件の検索結果

1 2 3

ドイツが好き!だから、ドイツ語を学んでおく

  • ドイツ語留学のPoint1

    ドイツ語留学はドイツ語およびドイツ文化を学ぶことを目的とした留学です。決して人気の高い留学分野とは言えませんが、近代における日本とドイツの密接な交流関係を反映した文化背景や、互いに似通った国民性からくる親近感が存在するようで、根強い需要のある留学分野でもあります。主な留学先はドイツですが、ドイツ語を公用語としている国は他にもオーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ベルギー等があり、これらの国も留学先となり得ます。

    ドイツ語留学
  • ドイツ語留学のPoint2

    ドイツ留学を志望する動機は多かれ少なかれドイツが好きという事。経済大国としてEU諸国を先導する立場にあるドイツに関心を寄せたり、サッカー、テニス、モータースポーツでの活躍からドイツのファンになったり、純粋に観光地としてのドイツの魅力に取りつかれ、ドイツを歴訪するうちにドイツ語を学ぶまでになるケースもあるようです。また、勤勉、創意工夫、旅行好き等、日本人と国民性が似ていることから親近感を持ち、ドイツ語を学ぶ向きもあるようです。

  • ドイツ語留学のPoint3

    一部の分野ではドイツとの関係性が高いです。例えばクラシック音楽では今でもドイツやオーストリアのステータスが認められていますし、かつての医学や工学分野はドイツとの関係が強くありました。こうした分野からドイツへの造詣を深め、ドイツ語を学ぶまでになるケースもあるようです。また、戦前に緊密な関係にあった文化的な背景からドイツに対する興味が湧いたり、更に時代をさかのぼって、ドイツ語文化圏が欧州を席巻していた時代への興味からドイツに関心を寄せる方も少なくないようです。